「群馬に住みたい、住み続けたい」と言ってほしい!!

人口減少に歯止めをかけるため、群馬を愛するすべての人々に力をあわせてほしい!!

人口減少を克服するために必要なことは?

人口の将来展望(独自仮定値による将来人口推計)

 人口減少を克服するために必要なことは次の2つ。

①就労や結婚・出産・子育てなど、ライフステージに合わせた、若い世代の希望を実現して出生率を回復すること

②群馬に人を呼び込み、男女とも転入超過となる流れを創り出すこと


①、②により出生や社会移動の状況が改善した場合、人口減少に歯止めがかかり、将来の群馬県人口は平成52(2040)年に約180万人、平成72(2060)年に約160万人になると見込まれます。

「群馬に住みたい」「群馬に住み続けたい」と思う人が増えてくれることを願っています。

そのためには、群馬の魅力発信も重要ですね。

※右のグラフは、人口の将来展望(独自仮定値による将来人口推計)を表したものです。