「力あわせるネットワーク」の概要

 「力あわせるネットワーク」とは?

  • 今後の日本そして群馬県では、人口減少が本格化し少子高齢化が進み、高齢者(65歳以上)の割合が増大し、年少者(15歳未満)の割合が大きく低下することから、人口構成の大きな変化が見込まれています。
  •                 
  • そんな状況の中で、「力あわせるネットワーク」は、群馬県人(群馬県在住者・群馬県出身者)一人ひとりが群馬の未来について考え、語り合うきっかけの場として機能させ、人口減少対策や群馬の未来創生を県民運動として展開していくことを目的としています。
  •                
  • 「力あわせるネットワーク」では、ウェブサイト・フェイスブックによる情報提供やフェイストゥフェイスの直接的な交流の場の提供などにより、参加者への情報提供や参加者間の情報共有を行い、県民や企業、各種団体の取組の活発化や連携に取り組んでいきます。

 参考 ①第15次群馬県総合計画「はばたけ群馬プランⅡ」

     第15次群馬県総合計画「はばたけ群馬プランⅡ」(平成28年度~31年度)は、計画期間に実施する県施策の目標・方向を示すもので、県政運営の道しるべとなるものです。

                    

     「はばたけ群馬プランⅡ」では、人口減少対策を県政のあらゆる分野の土台として、「限りない可能性を大きくはばたかせ、群馬の未来を創生する」を基本理念として掲げて、安心して幸せを実感でき、将来にわたって住み続けたくなるような「魅力あふれる群馬」の実現を目指しています。

                    

     この計画を推進しながら、人口減少の流れに歯止めをかけ、「魅力あふれる群馬」を実現するため、群馬県人が力をあわせてつながり合うネットワークの構築を目指していきます。

        

 参考 ②群馬県版総合戦略

     「群馬県版総合戦略」は、人口減少対策を土台に据えて群馬の未来を創生していく具体策を示すため、第15次群馬県総合計画と一体的に検討を進め、策定したものです。

                    

     「群馬県版総合戦略」は、「まち・ひと・しごと創生法」に基づく都道府県まち・ひと・しごと創生総合戦略に位置づけられるものです。

        
       
                 

「はばたけ群馬プランⅡ」及び「群馬県版総合戦略」の詳細は 「ぐんまの計画ポータル」(群馬県公式ホームページ)をご覧ください。